エコトレードゲーム


ゲームで楽しみながら学ぶ。 これって素敵なこと。

プロジェクトの目的と概要

エコトレードゲームは自分の身のまわりの目線から、地球全体へと目線を変えることのことのできるゲームです。

地球にすむ私たちがこれからも安心して暮らしていくためには、森林保全、水資源、土壌、酸性雨、海洋環境、生態系、エネルギー問題、経済、国際協力など、複合的に関連する様々な状況に目を向けていかなければなりません。

ゲームを通して、これらの全体像を把握し、関心を高め、個々の学習につなげるきっかけとなるのが、エコトレードゲームです。

今ある状況全体を客観的な視点にたって学習することによって、現在の問題を今後どのように解決していくか、自分達のできることは何か、などの「気付き」につながります。子ども達が放つユニークな発想、アイディアが未来につながっていくことに期待しています。

ゲームの概略

エコトレードゲームとは、子どもたちがそれぞれ自分の国の大統領となり、自分が幸せになれる国づくりを目指して、自国の資源や技術を用いながら、経済活動や環境活動を行っていくゲームです。
このゲームは、一般的に「貿易ゲーム」として親しまれているものを、当会が環境的要素を加えて、経済活動と環境問題の関係性や重要性について子どもたちが考えることできるように独自にアレンジしたものです。

  • エコトレードゲームって何?
  • 自分たちの国づくりをしながら、環境と経済(物とお金)の関係について考えるゲームだよ。
  • どうやって遊ぶの?
  • まず、6~8のグループに分かれるんだ。これが国だね。それから、国ごとに紙とはさみやペンなどの道具が渡される。これが資源や技術なんだ。
  • それから?
  • 道具を使って、紙を丸や四角に切ると、国連からお金がもらえる。お金の代わりに、自然にやさしいグリーンカードに変えることもできるよ。
  • ただ、紙を切ったりするだけ?
  • 違うよ。国ごとに持っている紙の量や、道具の種類が違うんだ。必要な道具を得るために、他の国と交渉したりするんだよ。
  • ふーん。どうやったら勝ちなの?
  • あまり、勝ち負けとかは関係ないんだ。お金が欲しい人たちのグループなら、お金をたくさん集めればいいってこと。ようは、みんながどんな国を作りたいか、ということが大切なんだ。
  • どのへんが環境について考えるの?
  • みんなが、生産ばかりしているとどんどん資源は無くなっていくよ。お金ばかり集めると、環境も良くなっていかないよね。そのあたりから、自分の国の環境のことを考えてほしいんだ。
  • 最後にひとつ。このゲームっておもしろいの?
  • やった人はおもしろいって言ってるよ。人と交渉したりするのが、おもしろいみたいだね。

私たちと一緒に、楽しく環境について学んでみませんか? 学校、町内会など、いろんなところで実施できますので、ご興味のある方は、ひまわりの種の会事務局までご連絡ください。

プロジェクトに関するイベント報告

05/12/18
エコトレードゲーム in 第4回北海道環境教育ミーティングを実施しました!