ガバチョ


協力して二酸化炭素を減らしつつ、豊かな国づくりを競うゲーム、通称『ガバチョ』を開発。環境イベントなど、様々な場面で展開。

「ガバチョ!」とは?

地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素を削減しながら、「生産(お金を稼ぐ)」するか「環境保全(緑を増やす)」するかを選択し、自分の国を豊かにしていく「カードゲーム」です。

何を学べるの?

地球温暖化が進行する世界を舞台に、ゲームを通して様々な駆け引きや協調を体験することができ、以下のような学びのきっかけとなります。

「ガバチョ」概要

「ガバチョ!」は4人でプレイするカードゲーム。

各プレイヤーは国の大統領になって、自分の国を豊かにするための選択をしていきます。

地球温暖化をモチーフとしているため、環境教育のツールとしては、小学校5年生以上を対象としています。ただし、ゲームとしては、2種類のカードから1枚を選んで場に出していくだけなので、小学校低学年でも十分に楽しく遊ぶことができます。