7月12日


札幌で一番の立地条件かもしれない。

窓から見える景色にはまっすぐ伸びる大通り公園。
そしてその先には大倉山シャンツェ。
街と街を包む自然が一望できるスペース。
SIさんと食事をしたレストランはテレビ塔3階にある「天空回廊」。
(株)アレフが経営する”びっくりドンキー”系列のレストランだ。
ホテルの最上階にはビューレストランがあるが、リーズナブルな料金と
景色を比較すると、ここがイチオシしかもしれない。
本州の知り合いが来札した時は、是非ここへ食事を誘いたいと思った。
今日のランチは、その一等地に店を構える(株)アレフ様とコラボレーションする
「夏休みツアー企画」が決定してすぐのことだった。
シンクロしている。

Siさんは、3人いる、と言われている。
仕事人、食通、音楽家。
特に「食」に関してのウンチクは時代背景まで把握していて
とにかく詳しい。
Siさんの”食べ歩きブログ”があったらヒットするに違いない。
だからSiさんといる時は話題が豊富で楽しいおしゃべりが続く。
でも今日は楽しむことができなかった。

Siさんとはイベントの打ち合わせで会った。
同じ職場にいるSuと、その打ち合わせの前に話をした。
Suは避けることのできない厳しい運命に立ち向かっている状況だった。
その状況と心情を知りつつ、何もできない自分の無力さを感じていた。
話を聞いていても胸が詰まるばかりで言葉にならない。
Suはいつも正しく、厳しく、優しく、時としてもろい。
そんな彼の支えがあって、団体は成り立っている。

今日は悲しい一日だった。