FMアップル報告 小水力発電について


小水力発電に関しては以前にもお知らせしていましたが、
発電所の概要が分かりましたのでお知らせします。
山梨県都留市に設置された小水力発電は
都留市市役所の敷地に内に設置されています。
最大出力は20Kw、常時8.8Kw
使用推量は最大2.0?、常時0.77m3/s
有効落差は最大2.0m です。
総建設費 43、040千円
補助金(NEDO)15、166千円
市民公募債 17、000千円
直系6mの水車が1分間に6回転し、発電をします。
まちの中心地で水車が回る様子は身近に発電を感じることができ、
情緒的な景観も創造しています。
まちづくりに小水力発電を取り入れることは
とても有効な手法だと思いました。
北海道は冬の間、川の水が凍結するところもあるので、
道内での設置は本州とは違う課題がありそうです。