天然ガスコージェネレーション見学会


今日は「サッポロファクトリー」のエネルギー源、
天然ガスのコージェネレーションシステムの見学会を開催いたしました。
人材育成セミナー「広報講座」の第2弾です。
広報とコージェネはどういう関係があるの?
と思われるかもしれませんね。
今回は、ご協力いただいた北ガス様が取り組まれている
「ファクトリーアドベンチャー」というプログラムをご案内頂きました。
このプログラムは、天然ガスの有効利用を一般の方に分かりやすく
知っていただくために考えられた施設見学プログラムです。
約2時間ほどのプログラムは、天然ガスの紹介と、現在の地球環境について、
私たちが取り組むことなどが折り込まれたビデオを見せていただき、
その後施設をご案内いただくという内容です。
小学生、中学生が理解できる内容ですので、とても分かりやすいのです。
企業が取り組む広報活動の一環を学ぶには、
今回のプログラムは大変良い事例として参考になるものと考えました。
参加された12名の方からは次々と質問が出され、大変熱心に見学を
されていました。

サッポロファクトリーでは、天然ガスをタービンで回して発電をし、
発電で排出された熱を利用する(熱供給システム)コージェネレーションで、
エネルギー利用量全体の40~60%をまかなっているそうです。
使用している天然ガスは勇払原野で生産されたものです。

ヘルメットをかぶって地下の発電施設へ行くと、
ダイハード系のアクション映画のシーンに入り込んだようで、
冒険気分まんてんでした。