関節技おそるべし


今日は短大生と一緒に環境教育ゲーム「エコトレードゲーム」
(略してエコトレ)をしました。
エコトレはなかなか奥の深い難しいゲームなのです。
何が難しいかと言えば、
○現状を認識する
○現状の課題を解決するために知恵を使う
○国内、国際間の協調をする
○コミュニケーションの取り方
など本人のみならず全体が知恵を使わなくてはならないゲームのです。
「不公平」から始まり「豊かな国」を目指して各国民が
知恵を絞りながら生産活動、環境活動を行ないます。
貧しい国の人達は豊かな国の協力を得ようとします。
でも豊かな国は貧しい国のことなどあまり真剣に考えません。

今日のゲームでは「道具」(技術)のない国が、
なんと関節技で貧困と立ち向かいました。

人さし指の第2関節が2cmだと知っていました?
いえ、もちろん個人差はあります。
でも平均的に2cm前後なのですね。
ためしにわたしも計ってみたら2cmでした(!)

道具(定規)がないので指の関節を2cmと想定し、
長さを計って生産活動をしたのです。
なにかがなくてもなにかを生み出す人の知恵って、
素敵だな、と思いました。

今日も楽しい一日でした。
学生の皆さん、ありがとぉー!