FMアップル報告、札幌でも風力発電?!


2月9日放送。
手稲区山口地区では2004年10月から2005年9月の1年間、風力発電を行うために
風況調査を行い、その調査結果が出たようです。
風速は平均6メートルを超え、風力発電の採算性が見込めるようです。
設置する風車の規模は高さ約80メートル、発電能力1650キロワット、
総事業費約3億2千万程度の規模を想定しています。
発電した電力は北電に売電する意向です。
北電では、風力発電から新たに5万キロワットを追加購入することが
決まりました。
早ければ2008年に風車建設が始まるようです。
建設されると、JRの車窓からも風車の姿が見えて、札幌近郊の人たちは
自然エネルギーをさらに身近に感じることができるようになりますね。
(北海道新聞1月7、18、31日記事より)