FMアップル報告 グリーン水素


2月23日の放送は2つの話題をお届けしました。

○風力と太陽光で水素をつくる
○北海道内間伐材のペレット活用
です。

はじめに、2月17日に開催した太陽光パネル工場見学会の
様子をお話しました。

○風力と太陽光で水素をつくる
太陽光発電と、風力発電を組み合わせて水素を作る新技術の
実証実験が開始されたそうです。
今話題の燃料電池の原料である水素を作るためには、
天然ガスやメタノールなどを利用しています。
水素を作る時も自然のものを活用できると良いね、
というのが私達の願いであります。
この度のニュースは、その願いを実現するための大きな一歩の
ようです。
発電した電力は、遠隔地にある酪農家や、遠洋漁業船用の電力
などに利用できます。
また、災害時などの緊急の発電装置としての利用もできそうです。
自然を利用して作る水素のことを「グリーン水素」と言いますが、
新技術がこのような形で開発され進んでいくことは、
とても嬉しいことだと思いました。
(参考:北海道新聞記事2月2日)

○北海道内間伐材のペレット活用
胆振支庁大滝村では、地元のカラマツ間伐材を利用して
ペレット燃焼実験を始めました。
同村では、実証実験を踏まえて、観光施設や小中学校に
FF式ペレットストーブの導入を検討しているそうです。

以前、間伐材を扱っている事業者さんのお話を伺ったことがあります。
その時の、
「かかるコストの割にビジネスとしては厳しく、しかし、川や海につながる
 山や森を大切に育んでいくことは資源を守る上でとても重要なことなのです」
とおっしゃっていたことを思い出しました。
間伐材はその資源を守っていくために必要なのですが、
なかなか有効に活用する機会がない、とご苦労をお話されていました。

今回の話題は、間伐材の有効利用法として発展していくと、
一石、2鳥3鳥が期待できる事業かもしれません。
例えば、観光施設などで、間伐材ペレットストーブで「焼きイモ」(地元の)など
を作って観光客にふるまう(もしくは販売する)などアレンジできたら、
活性化につながらないでしょうか….。

自分が観光をする時は、地元の食や特色を堪能したいと思うものですから…。

(参考:北海道新聞2月3日)