FMアップル放送(3月6日)


  高知帰りで元気いっぱいの新保さん。おみやげの金柑持参でにこにこスタジオ入り。高知へは東京と高知と札幌と連携して環境教育プログラムを作ろうという事業で行って来たそうです。その中で、地域の環境に関する課題を高知の学生さん達がプレゼンテーションした話を紹介します。高知市内に鮎がたくさん生息する川があります。ところが近年の環境破壊で様々な影響がでています。林業の町でもあるその地域では沢山の人工林があるものの後継者不足で、今では台風などの被害も深刻になってきました。同時に付近の農業の過疎化も進んでいます。いま、その鮎の登る川には3つの水力発電のダムがあるそうです。ダムがあることで砂利が下流に流れなかったり水位が下がってしまったりするそうな。新保さんは「3つもダムが必要?」と聞くと学生さんも「いやー、ひとつ位なくても・・・」と(笑)。ちなみにその日は、太陽が燦々と降り注ぐ天気のいい日でした。新保さんは太陽光発電が利用出来るんじゃないかなぁ、もったいないなぁと思ったそうです。新保さんもちょっと日に焼けて元気そうだし、お日様いっぱいで育った金柑はとっても甘くて美味しかったし、高知も太陽光が似合うのになぁと話を聞いた私もそう思いました。

さて先週ご質問のあったフィルム型の太陽電池のお話です。朝日新聞2月15日の記事からご紹介します。カーペットのようにくるくる巻いて持ち運びできるタイプ。実際、登山家の野口さんがエベレストの登山中にこのドーム型のテントに張って、携帯電話の充電をしたという記事でした。写真ではドーム型のカーブに沿って屋根に上手に貼っているなという感じ。今まで番組で紹介した太陽光パネルは屋根や壁につけているもので、それはガラスにシリコンの電池が貼られています。今日ご紹介しているのは、フィルム状のプラスチック素材にシリコンをガス化して噴きつけて作っているものです。富士電機システムズという会社で作っているそうですが、国内で作っているのはまだここだけです。これは、ガラスに貼った従来のタイプより発電量は半分くらいですが、カーブに対応できること、ガラスを使わない分軽量であることも利点でしょう。

あとご質問にあった生産の時のCO2の排出量について。電気事業連合会の資料をもとに、番組では数字を使ってで詳しくご説明いただきましたが、太陽光や風力・水力・原子力等の生産時のCO2だけ見るのではなく、その後の維持費や廃棄時の産業廃棄物処理の事など諸々考えると、やはり環境には自然エネルギーがいいと感じました。ライフサイクルアセスメントといって、生産してから廃棄するまでをトータルで比較するという考え方が重要になってきます。

さて次に、太陽電池には色んな種類があるのでここでご紹介します。シリコンが素材になっている単結晶のもの、多結晶のもの、そしてちょっと聞きなれないのですが「アモルファス」ってご存知でしょうか?これはけっこう皆さんの身近にもあります。一番わかりやすいのは電卓の太陽光電池です。最近は時計なども出てきましたが、少ない明かりでも電気がつきます。たぶんこのフィルム型の太陽電池は「アモルファス」を使っているのではないかと思います。なんてったって太陽電池は宇宙に出て行って衛星で使われてるじゃないですか。だから太陽電池の技術って素晴らしいと思います。シリコンが高騰しているというニュースは気になるところですが世界ではお花の色素を使っての発電を開発したり、こちらはまだまだ途上の印象。でもこのあたりの研究は、実は日本は得意なので期待したいところ。今後は住宅や携帯電話などの電化製品にもどんどん広がりを見せていくでしょう。そういう意味ではガラスのパネルを作っている会社としては新しい競争相手が出来たことになるのでしょうか。今日は太陽光の最先端のお話でした。 byふくちゃん