G8サミットについて(FMアップル報告)


こんにちは。
今日のFMアップル放送ではG8サミットが終わりましたので、わたしたちで評価しちゃいましょう!ということになりました。
成果としては温暖化対策に関して、具体的な中期目標の数字が出ませんでしたが、アメリカ、ロシアが共通の認識を持って長期の削減目標を共有できたことは大きな前進だと思います。中期的な温室効果ガス削減数字目標に関しては、G8とこれから発展を望む新興国とで今後の調整に課題が残りました。
温暖化対策の論点をエネルギーに置き換えて考えてみましょう。
たとえばペットボトルの中に水が入っていたとして、がぶがぶとその水を飲んでいます。水を石油に置き換えて見ましょう。今は中の水(石油)が少なくなってくると、注ぎ足すことが出来ています(増産や新しい油田開発として)。でもだんだん注ぎ足すことが難しくなってきていますが、相変わらずがぶがぶと飲んでいます。さて、ペットボトルの中身が空っぽになったらどうしましょう・・
新技術や省エネなど、先進国が新興国、途上国に対して協力できることがたくさんありそうですね。
サミットに関係された多くのみなさま、大変お疲れ様でした!