札幌福祉専門学校「環境教育プログラム・ガバチョ体験学習会」報告



 10月16日14:00~17:00 札幌福祉専門学校で実施しました「ガバ・チョ」体験学習会のご報告です。
 学校では介護福祉士などを目指して頑張っている若者のエネルギーがありました。
 1学年レクリエーション科目90分授業において、地球温暖化に関する理解と、福祉活動における環境教育ゲームの活用の促しを目的としました。
 講座前段では地球温暖化とその影響についてお話をし、温暖化防止対策の一つである自然エネルギーのお話をしました。自然エネルギー普及活動をしているひまわりの種の会の活動実績をご紹介し、エネルギーと生活が密接に結びついていることを説明しました。
 その後、地球温暖化への理解を深めることと、専門学校の授業カリキュラムである「レクリエーション」提供の仕方を学ぶ手法として、環境教育ゲーム「ガバ・チョ」の実践を行いました。参加生徒数38人。
【講座後生徒さんの感想より】
・世界のことをすごく考えさせられた。これからはできるだけCO2を出さないよ うにする。
・地球環境を学んだ後に、それに関係あるゲームをするというのが面白と思いまし た。とっても新鮮でした。
・ゲームがとても楽しかった。環境のことについてもっと知りたいと思った。
・今まで環境のことをあまり考えたことはなかったけど、考えるきっかけになりま した。