電気自動車の動向について(FMアップル報告)9月18日放送


 番組の導入で「ピークオイル」のお話を少し。
 石油資源の使い道は、発電、石油精製品、運輸、暖房など多岐に渡り、わたしたちの生活に密着した資源です。
 朝日新聞ではIEA(国際エネルギー機関)の「世界の埋蔵量の4分の3を占める800の油田を調べたところ、主要な油田のほとんどでは、すでに産油量がピークを過ぎており、世界全体の産油量も10年以内にはピークに達するだろう」という発表の記事が掲載されました。
 石油依存は生活の中に浸透しており、その一つとして自動車の利用もライフスタイルでは欠かせない手段として定着しています。
 そこで、本日の北海道新聞朝刊(9月18日)より三菱自動車の電気自動車「アイ・ミーブ」販売の記事をご紹介。2009年度、道内では22台が導入されるそうです。札幌市では2台購入。
 塚本さんが、冬のエンジン始動、バッテリーの充電設備、走行可能距離、価格などを心配しています。
 寒冷地に販売をするにあたっては、様々な実証試験を重ねて販売に踏み切るのだから安全性に関しては問題ないのでは。また、バッテリーの充電と走行距離は30分で80%の充電、走行距離は約160Km。価格は車両価格495万9千円(その他に手続き費用が掛かります)、補助金利用で300万円代と新保がお答えしました。ですがバッテリーの素材調達やリサイクル、充電器のインフラ整備にはまだ課題があるようですね。
 北海道内上士幌町や音更町なども購入するので、積雪寒冷地を経験したレポートが出ると良いですね、と塚本さんと意見が一致しました。
 石油依存から脱却の一つとして電気自動車という手段が出てきていますが、社会システムの転換も手段として発展しても良いのではないでしょうか。
 現在一人に1台程自動車を所有している状況から「カーシェアリング」などを活用した小さなエリア単位で自動車を共有していくのはいかがでしょう。  
 また、北海道は広いので、点在する住居を機能的に周回する地域密着型交システムなどはニーズがあるのではないでしょうか。
 ドイツ、アメリカでも電気自動車の生産が始まっています。電気自動車も含めて今後の交通、運輸、社会システムといろいろな変化の動向をウォッチしていきたいですね。