「ガバチョ・コミュニケーション・ライブ(GCL)」報告



 札幌に在住されている環境活動でご活躍のオピニオンリーダーが集合して環境交流会を実施しました。
 環境教育「ガバチョ」ゲームを軸に、企業が製品製作にあたり、環境配慮の様子や参加された皆様の取組みなど、楽しく交流しながら情報交換をしました。

 今回はゲストスタッフとして、北星学園大学の学生さんにご協力いただきました。学生と社会人の交流も深まり、今後の環境活動で「連携の種」が蒔かれた様です。

ご参加くださいました皆さまに感謝です。

<交流会の流れ>
●「ガバチョ制作ストーリー」 草の実工房もく:吉澤 繁氏
●(株)アイドゥ、幡本印刷(株)中央営業所の取組み 佐藤 裕子氏
●環境教育ゲーム「ガバチョ」セッション/ガバチョ振り返り
●参加の皆さまより自己紹介を兼ねて環境の取組み一言メッセージ紹介 ●歓談・交流

<交流会振り返りで頂いたご意見です>
【ガバ・チョを体験していただいたご意見】
・自分の得だけではなく、地球の事も考えないといけない。
・植樹は大事。
・生産と森のバランスが大切。
・初級・中級・上級とバージョンを展開しては。
・人類滅亡すると木の価値もなくなるのでは。
・子どもでも気軽かつ分かりやすい。
・話し合い(各大統領)が必要だと思った。
・もっとルールを簡素化しても良いのでは。
・経済と環境のバランスを考えることができるので、小学生には分かりやすく伝えやすい。
・地球が滅亡しても自分は勝とうとする国がある。滅亡の時のリスクが少ないか。ダメージが大きくても良いのでは。

【ガバ・チョを活用できそうな場面はありますか?】
・小学校の授業で展開しては。
・企業の新人研修で環境の事を学びながら仲良くなれる。
・環境プラザで展開しては。
・子ども参加の企業実施のイベントがあるので連携を検討してみる。

【交流会全般を通じたご意見】
・多くの方と名刺交換ができて良かった。
・環境を考え真摯に取組んでいる企業の様子が分かり、話しを伺えて良かった。
・ゲームを体験できて良かった。
・普段会えない方と顔を合わせ話が出来る良い機会だった。
・同じテーブルの人と交流が深まった。
・他のセクションで環境活動している方と、具体的な取組みの話を伺うことが出来た。
(11月4日実施)

次回は1月末か2月上旬を予定しています。
今回ご参加いただいた方3名から、具体的な実践事例のお話を頂く予定です。