12月25日(金)FMアップル放送



今日の放送は今年最後の放送です。
①COP15について ②ルスツリゾート二酸化炭素削減の取り組みについて ③今年を振り返ってをお話しました。

COP15会議を終了し、市村さんから会議の結果と感想をお話いただきました。
「コペンハーゲン合意」としまして、
○ 世界の気温上昇を科学的な見地から2度以内に抑制。
○ 先進国は1月31日までに目標を提示。
10~12年に総額300億ドル、20年までに1000億ドルの拠出を目指す。
技術移転を促す枠組みを構築する。
○ 途上国は1月31日までに期排出抑制計画を提示。
などをご紹介しました。
今回削減目標の具体的数値の提示が見送られましたが、市村さんは開催期間中の報道番組で見たツバルの映像が印象に残り、温暖化防止は地球規模の切実な問題だと改めて感じた、とお話されました。
 
曲を挟み、本日の北海道新聞朝刊2面の記事から、ルスツリゾートの二酸化炭素削減事業について新保からご紹介。
こちらの取り組みは、地中熱ヒートポンプと高効率ボイラーの組み合わせで、2010年度までに約3000トンの二酸化炭素削減を目指しています。(NEODの補助金が一部導入)北海道経済業局では国内排出削減量認証制度(国内クレジット制度)の活用も視野に入っている様子。つかちゃんからは、このような取り組みが広がっていくと良いすね、とコメント。

今年を振り返って、
市村さん、政権交代のインパクトが大きかったそうです。今日はがっかりするニュースがありましたが、新政権には期待をしています。太陽光発電を中心とする自然エネルギーの導入促進はもっと加速しても良いのでは、と感じたそうです。
新保は、今年太陽光発電の支援制度復活や、買取制度のスタートが始まりましたので、札幌を皮切りに、北見、帯広、苫小牧、釧路へ伺い、太陽光発電の勉強会を行いました。各地では積極的な関心と同時に、太陽電池導入が活発な様子も実感しました。また、イルミネーションには3Kwの太陽電池が導入され、自然エネルギーで灯る明かりが増えました。関係者のみなさま、ありがとうございました。

FMアップルの放送は、市村さん、新保にとって、マイクの向こう側の多くの皆様と一緒に考えていく貴重な機会となっています。
一年間無事に放送できましたこと、皆様に感謝申し上げます!(深々)