さっぽろ環境インタプリター養成講座2016 第7回を開催しました


前半部分は、野菜ソムリエで「リトルジュースバー」(札幌軟石を使った素敵なお店!)の経営者でもある萬年暁子さんの講義でした。札幌近郊、北海道内の農家さんと連携し、規格外野菜や果物をジュースやスムージーとして提供しています。
その取組みは札幌にとどまらず、台湾でも紹介されていました。
流通や規格に乗っている消費行動に一石を投じるビシネスモデル。規格外でも美味しい食材をわたしたちに届けてくださっています。
「野菜や果物はコモディティ化しており、低価格競争になりがちだが、お米はブランド化によりスペシャリティへと抜け出し、高付加価値を実現した」というお話からは、普段スーパーで何気なく見ている食品を改めて振り返る視点を得られたと思います。

 

後半部分では、北海道バイオディーゼル研究会の前田慎一さんにご講演いただきました。
家庭や店舗で使用済みの天ぷら油を回収。集めた油をBDF(バイオ燃料)に加工して、公共工事の発電機やトラック、除雪車などで再利用するという事業をおこなっておられます。
なんと、開催中のさっぽろホワイトイルミネーション会場では、バイオ燃料で発電機を動かして、その電気で点灯しています!(1丁目から4丁目まで)

「燃料はメイドイン北海道で!」
力強い前田さんの言葉が心に響きました。