シルヴィ・ギエム「最後のボレロ」

23日、札幌厚生年金開館でギエム最後の「ボレロ」公演を見に行きました。
アカデミックな舞台を鑑賞する機会の少ない私にとっては
最初で最後のギエムの「ボレロ」です。
深紅の円卓の舞台は何故ギエムでなくてはならなのか?
そのナゾを知りたくて食い入るように見つめていました。
だって、「ボレロ」はトップダンサーであれば演じることができそうな
振り付けだと思ったからです。
でも良く分かりませんでした。
細胞全てが躍動する表現だからなのか?
重力に逆らうようなしなやかな舞だからか?
ギエムと比較する対象がなく、結局ギエムの本当のすごさが良く分からないまま
「ボレロ」が終った瞬間、
割れんばかりに鳴り響く拍手、オールスタンディングオベーション、
何度ものカーテンコール!
気が付くと嗚咽をこらえ、私は一身不乱に拍手をしていました。
”なにがスゴイか良く分からないけどとにかくスゴイ”

一緒に舞台を見た娘が、これからの人生の中で”本物のすごさ”
を理解していってくれるだろう。
ありがとう、ギエム!

企画あり

明日締め切りの企画書を書くための参考にと
『企画アリ』(国友やすゆき著、小学館)を見ていたら
ハマってしまった…。
明日シメきり…
明日シメきり…
このブログが会員に見られませんように…

ソーラーイルミネーション無事点灯!

昨日のイルミネーション点灯式はあいにくの雨の中でした。
点灯セレモニーでカウントダウン。
10カウントで3.2.1、大通公園のイルミネーションがいっせいに
点灯しました!
ほのぼの我らがソーラーイルミネーションも無事仲間入りです。
台湾からの観光客の方がソーラーパネルの前で写真を写していました。
世界に広がれ、自然エネルギーの輪!
点灯式の後の楽しみと言えば、「ぶたシャブ」です。
毎年恒例の大忘年会は”深川山路”というぶたしゃぶの美味しいお店で
行ないます。
昨日はぶたしゃぶの他に、舞茸ご飯と自家製のおいしいお漬け物。
あれだけ飲んで食べて3500円とは、おかみさん、ごちそうさまです!!

FMアップル風力発電とソーラーイルミネーション

FMアップル報告です。
今日は宗谷岬ウインドファームのご紹介をしました。
宗谷丘陵では57基のの風車が設置されて、12月から本格稼動します。
5万7千Kwの発電能力は約4万1千世帯分の電力に相当します。
4万世帯というと小さな町全体を賄うことがでるんですね。

同じ自然エネルギーの太陽光発電では、面白い取り組みが始まります。
大通公園のホワイトイルミネーション期間、3丁目には市民参加で設置した
「ソーラーイルミネーション」が登場します。
未来へのメッセージが書かれたカードに明かりが灯ります。
福津さんと市村さんにもメッセージを書いていただきました。
な、なんと「ルミちゃん、頑張れ」と書いてくださったではありませんか。
自分のことより他人に対する思いやり!
なんて、イイひとたちなんだー☆

ソーラーイルミネーション

今年もいよいよ始まります。
大通公園のイルミネーションを自然エネルギーで灯す、
市民手づくりの「ソーラーイルミネーション」
一番の自慢は、「あー、カワイイ!」「これってソーラーパネルで光ってるんだ!」
と手に取って見ることができることです。
イルミネーション広しと言えど、自然エネルギーイルミネーションは
ここ札幌大通公園3丁目だけでしょう。
今日は「省エネツリー」の飾り付けをした後、
10年ぶりに行ったパルコでランチをしました。
大通り界隈に数ある食事の店のなかで、たまたま入ったお店に
さっき別れた清野さんがいるではありませんか。
深~い縁を感じた瞬間でした。
そもそもこの「ソーラーイルミネーション」は多くの方々とのご縁が結んだ明かり。
みなさん、見に来てください。
きっと良いご縁につながるはずです!!

耳が痛い

あー耳がいたい、いたい。
今日は「市民活動レベルアップ講座」の最終日。
某(加納)講師が最後に言ったお言葉は「強い意志」でした。
加納講師は「ブログは365日休まず更新してきました。これもひとつの意志の力です」
と申され、ワタクシ、ゴメンなさい!とひらにお詫びでございます。
かれこれブログをお休みしてから季節はめぐり、早いもので冬になってしまいました..。
修行が足りなくて申し訳ございませーん!!