太陽光発電セミナー報告


1月16日(金)に太陽光発電を中心としたセミナーを実施しましたのでご報告します。
タイトル:太陽光発電普及の可能性に関するセミナー
テーマ:「平成21年度以降政策と連動した太陽光発電普及の可能性」

セミナーは太陽光発電の現状→普及に向けた課題→今後の展望、という流れで進みました。
以下にセミナーの要点を記載します。
<グリーン電力証書について>
・ グリーンエネルギーの成り立ち等パートナーシップ体制を踏まえてご説明。
・ 具体的な取り組み事例として、「グリーンクリスマスライトアップ」や「さっぽろホワイトイルミネーション3丁目」の取り組み、企業の導入事例等を紹介。
・ グリーン電力証書のイメージ図を用いて自然エネルギーで発電した分の環境価値取引に関してご説明いただく。
環境価値の対価として受け取った資金の用途は設備の維持・補修費や新たな新エネルギー設備の導入資金として使用することになっていると説明いただいた。
<太陽光発電普及の現状>
・ 2008年9月に総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会において、緊急提言が出された。
・ 2030年に太陽光発電を40倍、風力発電を6倍、廃棄物・バイオマス発電を2倍に拡大する目標である。
・ 現在補助制度が復活し、1Kwあたり7万円を補助する制度がある。
<太陽光発電普及の課題について>
・ 2020年で55万Kw、2030年には212万Kwの目標を大規模に促進するか、住宅への普及として促進するか検討中である。
・ 大量導入することにより、逆潮流対策など安定化の対策が必要であり、コスト負担も含めて検討中である。
<太陽光発電普及の今後について>
2008年9月に総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会から出された緊急提言を踏まえて、今後導入が大きく進んだ場合の課題や対策を中心としてお話が進んだ。
・ 系統安定化対策として、蓄電池が検討されている。
・ 太陽光発電でも家庭用ヒートポンプやプラグインハイブリットの蓄熱、蓄電機能を有効活用することも可能性としてあるのでは。
・ 蓄電池に関してはスペースとコストにまだ課題がある。
・ 余剰電力に関しては昼間の余剰電力を蓄電し、夕方以降放電すると、太陽光の導入拡大が可能になる。
・ その他の余剰電力対策として揚水発電や火力発電のバックアップと調整などが考えられる。
・ 天候などの影響による周波数調整力の不足に関しては、バックアップ電源が必要である。

専門的で少し難しい内容でしたが、女性の参加もあり、皆さん熱心に受講されていました。
一部参加者の感想を以下に記載します。
○太陽光発電の話はむずかしい内容ですが、でも知りたいと思う市民には良い時間となりました。
 誰かに任せきりにしないで、もっと市民の言葉で話題に出していこう。
○グリーン電力証書普及のためにマスコミが話題をどんどん取り上げていただきたい。
○太陽光発電の単体だけではなく、系統連携を含めたネットワーク上の課題やその対策について理解が深まりました。

また、セミナー終了後にご質問を2点いただきましたので、この場をもって回答申し上げます。
<ご質問1>北海道の住宅太陽光発電はなぜ普及しないのか。
<回答>北海道は冬の期間が他地域よりも長く、雪による影響を懸念されるケースが多く見受けられます。
ですが年間日照量は他地域と比べても関東と同程度の日射量があります。(例えば札幌は東京と同程度の日照量があります)本州でも梅雨や台風などの影響もありますので、北海道に雪が降るからとはいえ発電に関しては充分に発電することができます。(ただし、パネルに雪が積もったままになっている、物が飛んできて破損する、という場合は発電に支障が出ます)
他に、ユーザーが導入を決断する要素として自治体による助成制度の有無の関わりもあるかもしれません。
 札幌市では平成21年度も支援制度を検討しているようですので、導入を検討されている方は札幌市へご相談されてはいかがでしょうか。

<ご質問2>例えばドイツなど導入が進んでいる国では将来の課題に対してどのように対応しようとしているのか合わせて知りたいと思った。
<回答>
ドイツをはじめ欧州諸国間では電力系統のネットワークが発達していて風力発電の電圧変動に起因する接続制限、逆潮制限は少ないようです。
日本の電力系統もネットワーク化していますが、地理的に日本だけのネットワークとなっていること、北海道、本州、四国、九州との連系線も系統容量をカバーし切れるものではない状況から、系統の弱い末端(稚内等)では、制限をかけざるを得ない状況となっています。
また、ドイツでは、日本の憲法に相当するドイツ基本法において、環境保護政策を加え保証しています。
このため、ドイツの再生可能エネルギーの導入の切り札である固定価格買取制度も国民のコンセンサスを得られているものと思われます。
(制度運用に伴い1世帯あたり500円/月程度を負担)
日本では、エネルギー基本計画(エネルギー政策基本法)により政策・方針を定め、定期的な見直しを行い、国会へ報告、政策予算等へ反映するスキームとなっています。
※ドイツの国内エネルギー政策等に関しては「大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館」ホームページが参考になると思います。
  http://www.german-consulate.or.jp/jp/umwelt/index.html

セミナーの様子は1月15日FMアップル放送でもご報告しました。

学生ガバチョワールドカップin札幌開催!


みなさん、初めまして!
NPO法人ひまわりの種の会の松尾ひかると言います。

年末12月6日に学生ガバチョワールドカップin札幌
というイベントを開催しました!

ひまわりの種の会では初めての、学生による学生のためのイベントです。
ガバチョを通じて参加者が自分の行動の意識をより高めること、
そして、学生がより環境活動を広げるために学生同士の交流を深めることを目的に行いました。

イベント当日は計24名の学生が参加しました。
「ワールドカップ」という名にふさわしく、
留学生の方もたくさん参加してくれました。

イベントではまず、ひまわりの種の会の代表の新保さんに
「環境問題の現状とガバチョの成り立ち」についてお話していただきました。みんな真剣に耳を傾けます。

お話が終わるといよいよゲーム開始です。
会場からは「ガーバーチョッ」の掛け声が聞こえてきました。
各テーブルには1人以上の留学生がいます。
その様子はまさに大統領同士の国際会議のようでした。
環境と国際交流のコラボレーション・・・。
学生だからこそ、ガバチョだからこそ実現したのではないでしょうか。

イベント終了後の交流会では会場にBGMが流れ、
参加者は違う大学の人同士で、お菓子をつまみながら交流していました。
楽しそうな話し声があちこちで聞こえます。
最後に交流会終了のアナウンスをしましたが、
名残惜しいのか、なかなかみんな会場を去ろうとしませんでした。

「学生がより環境活動を広げるために学生同士の交流を深める」
というイベントの目標は少なくとも達成できたのかな・・・
と、その様子を見てしみじみ思ったのでした。

「省エネ町内会」(FMアップル仕事初め)


年始のご挨拶から始まった本日のFMアップル。
市村さんの抱負は「世の中の半歩先を行く情報提供を行ないます」。
新保は今年の団体テーマ「環境と健康」。個人的なテーマは「利他的に生きること」とお話したら、市村さんから「環境、健康、利他的でKKRですね!」と突っ込みが。
北海道経済産業局で伺った取組み「省エネ町内会」のお話をしました。
オフィスや店舗などの業務部門から排出される二酸化炭素はカテゴリーで言うところの民生部門の多くを占めています。
その対策を「町内会」というエリア単位で行っていく取組みが「省エネ町内会」です。
2つのキーワードがあり、ひとつは「省エネ診断」。
“いったいどのくらいエネルギーを使っているのか分からない”
“省エネと言ってもどこから手を付けて良いかわからない”という課題に対して、省エネルギーセンターで実施している「省エネ診断」をご紹介。
もうひとつは省エネ商品を販売している企業とオフィスのマッチング。
機器の一部を省エネ製品に転換することで、ビルの省エネが進みます。
「儲かる町内会」をテーマに、コストと二酸化炭素削減を前向きに考える取り組みです。
時計台周辺エリアを現在モデル地区として実施しています。
市村さんが「1人でやろうとしても良く分からないが、面として取り組むことで持続的な取組みができる。自ら節約する意識は誇りにつながる。とても良い取り組みだと思います。」とコメント。
福津さんからは「アップルの電気はどのくらいなんだろう。グリーン電力で放送することはできるのだろうか」と質問が。
ご紹介した「省エネ診断」をお勧めしました。
福津さんから「てるてる発電所(円山動物園市民太陽光発電所)の電気をグリーン電力証書にしてアップルの放送に使ってみては」とアイディアが出ました。
平岸のコミュニティー交流の拠点であるFMアップル。グリーン電力放送や省エネ町内会の取組みが進んで活力あふれる街になると良いですね!と盛り上がりました。

HERO


明けましておめでとうございます。
昨年中は皆様のご支援により無事活動を行えましたこと、
心より感謝申し上げます。
本年の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
今後とも活動へのご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

 活動初めは「第28回さっぽろホワイトイルミネーション」イベントが1月4日で終了いたしましたので、「ソーラーイルミネーション」と「省エネツリー」の撤収作業を行いました。
 午後10時30分から作業の開始です。
 翌日の仕事初めを控え、自宅でゆっくりと過ごしたいところを押して作業に携わったスタッフ。今年はサプライズで北海道経済産業局の立野さんが撤収作業にご参加くださいました。「3丁目はエコの広場」をコンセプトに、太陽光発電と、風車由来のグリーン電力証書でイルミネーションを灯す仕掛け人でもあります。

 お正月中に再放送していた木村拓也主演の「HERO」。
 その台詞の中で「少し場所を移動しただけで見える景色が全く違うんだなぁ」とつぶやくシーンがありました。
 何気なく過ぎ行くイベント事も携わり方によって見えてくる景色が違います。
 “一歩踏み出す勇気”と耳にすることがありますが、勇気とは少し違って、“気力”を今回垣間見たような気がします。
 注目を浴びることのない地味な作業は、「めんどうくさい」と思ってしまうことが人情ですが、面倒くさい気持ちを切り替えて行動に移すのは“気力”なのだと思います。その気力を持ちより共に時間を過ごすことで、気力は次ぎの“やる気”へと移り替わっていく変化を感じました。
 さっぽろの真冬に夜に集ったひとりひとりが私にはHEROに見えました。

 写真はグリーン電力で灯す「グリーンクリスマスフェスタ」時計台とテレビ塔の様子です。仕掛け人は北海道経済産業局の立野さん、天池さんです。
 ライトアップの時には「テレビ塔がクリスマスツリーみたい」と会場で声が上がっていました。
 今年はどんなエコイルミネーションをしようか、やる気ある年の初めとなりました。