太陽光発電のつけ方勉強会無事終了しました

8月25、26日に実施しました「太陽光発電のつけ方キャラバンINさっぽろ」無事終了しました。
今回は多くの方から申し込みいただき、ご希望にお答えすべく26日は追加講演を行いました。

みなさまのお陰で勉強会が無事開催出来ましたこと深くお礼申し上げます。

勉強会でご協力いただきました、北海道経済産業局様、北海道様、札幌市様、北海道太陽光発電普及協会様、ご尽力賜り感謝申し上げます。

参加された方が大変熱心に受講され、太陽光発電導入を真剣に検討する様子が伺えました。
支援制度の充実によって関心は一気に高まっています。

報告は今取りまとめているところですので、できましたら改めてご報告します。

ガバチョ体験学習会INきたネット「おとなバージョン」実施しました


暑中お見舞い申し上げます。

札幌は例年にない長雨が続き、農作物への影響を皆さん心配しています。
昨日からようやく晴れ間が訪れ、短い夏のさらに短い太陽の日差しに手を伸ばしているところです。

去る7月6日(月)午後6:00~きたネットカフェ2009-Vol.1
にお声掛けいただき、ガバチョ体験会を実施させていただきました。

この体験会は、日本財団が公益コミュニティサイトCANPAN内部に
「CANPAN NEWS」という、市民活動を紹介するメディアを立ち上げることになり、きたネット取材日に実施されました。

体験会はガバチョ体験の他に、当会が取り組む「太陽光発電」普及活動について、
現状や課題、設置方法などについて簡単な学習会を行いました。

体験会参加12名。
楽しい時間をありがとうございました。

体験会終了後にはお茶をいただきながら交流があり、
日本財団の本司さんの活動のお話も伺うことが出来ました。
日本財団公益コミュニティサイトCANPANは↓
CANPANのblog→http://blog.canpan.info/kitanet/
です。

以下、振り返りでいただいたご意見、ご感想です。

○CO2を減らす時には皆が同じ目的に向わなくてはならない。
 協力し合わないと環境は守れない。
○自分が思った通りには運ばない。
○自分の国も大事だけど、世界のバランスも大事。
○自国のアピールもしたい。
○話し合っていくことが大事。
○仮想空間でもゲームを体験出来ると実感が持てる。
 地球温暖化を話で聞くより身近に感じた。
○友達とワイワイやってみたい。

お盆休みは道東へ帰省します。
十勝農家の状況をヒアリングしてきます。