HBCテレビさんから「ガバチョでエコ大王 地球を守れ」放送されました


本日HBCテレビさんから「ガバチョでエコ大王 地球を守れ」番組が放送されました。
番組欄にピンのタイトルです!

舞台は円山動物園で実施した「動物園プチツアー」「ガバチョ大会」、大通り公園の「ソーラーイルミネーション」が中心です。
いや~~プロが番組を制作する技はさすがに素晴らしいです。

番組は地球温暖化はどういうことか、全体の視点から始まりました。
円山動物園に舞台が移り、飼育員さんが「動物園プチツアー」でレッサーパンダやホッキョクグマを例に、動物の食べるものと生息の関連、動物への温暖化の影響について子ども達にレクチャーしてくれました。

ガバチョのルールはゲームツールを個別の映像で丁寧に説明くださいました。
なんといっても参加した子ども達の楽しそうな表情がとても良かったです。
「森林を増やしてCO2を減らすことも大切だと気が付いた」
「みんなで協力してCO2を減らせると思った」
子ども達のしっかりしたコメントにびっくり。

大学生のお兄さん、お姉さんのゲームマスターぶりは表彰ものです!

円山動物園の動物科学館に設置されている市民の太陽光発電所「てるてる発電所」を題材に太陽光発電についても学びました。

ゲームの後に子ども達が雪の結晶カードに書いてくれたメッセージは大通り公園のソーラーツリーに飾られています。
「地球とずっと仲よくしたい」と心温まる子ども達のメッセージを大人達が足を止めて見入っています。
「子ども達の未来のために今おとなが出来ることをしなくてはいけないな」と、おじさまがコメントしていました。

子ども達の笑顔がエコのイルミネーションと一緒に輝きます☆

HBCのカメラマンさんは10月に当団体で実施した地熱ツアーからカメラを回していただき、地熱ツアー約3時間、動物園約9時間、イルミネーション約5時間、ガバチョルール約3時間ほど映像を撮られているのではないでしょうか。(もっとかな?)
多くの素材を30分にまとめ上げて意図と感動を提供する技術はほんとうに素晴らしいプロ技だと尊敬します。

ご協力いただきました参加者親子の皆さん、札幌市円山動物園様、北海道大学大沼ゼミの皆様、北星大学の学生さん、札幌シニア大学の皆様、ありがとうございました!

当会の会員とプロジェクトチーム、市民の方のご協力で開発をしたガバチョは、開発後もみんなでコツコツと活動を積み重ねてきました。
一つの成果としまして今回の機会をくださいました、
環境省(チャレンジ25キャンペーン)「平成22年度 地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」、北海道放送株式会社HBC様に深く感謝申し上げます。

HBC様のHPでもご紹介いただいています☆

http://www.hbc.co.jp/tv/info/govecho/index.html

今年のエコイルミはゼロカーボンですぞ!!


11月26日(金)は小雨のなか、待望の「第30回さっぽろホワイトイルミネーション」の点灯式がありました。
ひまわりの種の会で多くの皆様のご協力のもと実施してきました「ソーラーイルミネーション」も今年で10回目です。

 今年は2008年から「太陽と風のエコイルミネーション推進協議会」連携体制で進めてきた大型イベントのエコ化が加速し、ついにパラダイムチェンジが起こりました!
 札幌市の大型イベントで初の“市民参加型ゼロカーボン化”です☆

 “ゼロカーボン化”ってナニ??
 さっぽろホワイトイルミネーションでは11月26日~1月2日の開催期間中に約59トンの二酸化炭素(CO2)を排出します。
 大通公園3丁目会場で発生する約9トンの二酸化炭素は太陽光発電(約3.3Kwh)とグリーン電力証書で自然エネルギー由来の電源となり、駅前通を含むそれ以外の会場から発生するCO2約50トンは国内クレジット制度を導入して、イベントから発生する二酸化炭素の排出がゼロ~~という取り組みになりました。
 この取組みは「どさんこオフセット倶楽部」が主体となり、市民の方、企業の方からひと口1,000円の寄付参加で進めています。

 ある日、東京のとある喫茶店でA氏とO氏の対談から発展したこの取組みによって、さっぽろのホワイトイルミネーションはエコの合体ロボ化です☆
 
 11月22日(月)3丁目会場の「ソーラーツリー」の飾り付けには「札幌シニア大学」の皆さんがご参加くださいました。
 初めて現場でご一緒いただいたのですが、とっても明るく楽しい皆さんの笑顔に元気をいただきました!

 こちらは→http://sasurai080506.blog95.fc2.com/ ステキにソーラーイルミネーションの写真を撮ってくれた友人のブログです。

<エコの合体ロボ2010を構成する皆さま>
「太陽と風のエコイルミネーション推進協議会」(構成メンバー:さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会様、北海道経済産業局様、札幌市環境局様、どさんこオフセット倶楽部様、陽気堂クリエート工業㈱様、㈱共成レンテム様、㈱北弘電社様、NPO法人ひまわりの種の会)「札幌シニア大学」の皆様。環境貢献寄付参加をいただきました皆様。現場でご尽力くださいました㈱エスケーコンストラクション様。活動を支援いただきました北海道放送局様、北海道新聞社様、NHKラジオ第1放送局様、FMアップル様、NPO法人北海道グリーンファンド様、NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼ様、NPO法人北海道環境市民ネットワーク様。札幌市環境プラザ様。
多くの皆様に感謝申し上げます。

HBC連携ガバ・チョ大会IN円山動物園実施しました!


11月13日(土)は前日までの雨が上がり秋晴れに恵まれたなか、札幌市内小学生と一緒にガバチョ!大会を実施しました。

この大会は「平成22年度 地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」という、環境省のチャレンジ25キャンペーン事業の一環です。

まずは動物園に集合した子ども達を動物園の素敵なお兄様がアテンド。
動物園プログラムミニツアーを実施してくださいました。

ミニツアーで身体も温まり、ガバチョ!大会の開始です。
総勢40名の参加者は「若き大統領」となり、国家を樹立。
子ども達は大統領として主役になり、自分が未来を選択していきます。

さぁ、環境を守りながら経済活動をして豊かな国づくりを目指し、ゲームは進みます。
初めてガバチョを体験する皆さんでしたが、さすがに子どもは遊びの天才ですね。
すぐにルールを理解して、駆け引きあり、協力体制あり、地球上の二酸化炭素を減らしながらバトルが展開されます。
お兄さん、お姉さん大統領が、若い大統領を支援する場面もあり、地球平和のために心温まる場面もありました。こんな温暖化だと良いですネ。

ゲームが終わると、会場である動物科学館に設置されている太陽光発電「てるてる発電所」をご紹介して、太陽光発電のプチセミナーをしました。
「はいっ」と元気よく手を上げて、「太陽光発電は太陽の光で電気を作るので二酸化炭素を出さないと思います!」と、ある大統領が元気に発言してくれました☆

札幌の大通公園でこれから始まる「ホワイトイルミネーション」では、「太陽と風のエコイルミネーション」が3丁目に登場します。
自然の電気で灯すツリーには、今回参加くださった子ども達のメッセージが飾られます。
ゲームを通じて気づいたことがたくさんのメッセージカードになりました。
未来を担うチビッ子大統領はどんなメッセージを書いたのでしょう・・・
11月26日(金)~1月2日(日)のイルミネーション開催期間にお立ち寄りいただけると幸いです♪

この大会では、北海道大学、北星学園大学11名の学生さんが「ガバチョ・マスター」としてご参加くださいました。
皆さんと一緒に貴重な経験ができたことはとても嬉しく思いました。

この様子は12月23日(木)午前10:50~HBCの番組で放送されます。
ぜひぜひご覧ください!
ご参加くださった小学生の皆さん、保護者の皆様、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。