「シミュレーション&ゲーミング学会」参加報告です。

10月23日(日)に北大で開催されました「シミュレーション&ゲーミング学会」に参加しましたので、ご報告です。

ガバチョは1テーブル。
早稲田大学、名古屋大学、産業技術大学、北大の学生さんなどが参加くださいました。

さすがにゲームスペシャリストが参加するゲームは、いきなりゲーム破壊から始まりました。
「まずはゲームを壊そう、と意図を持ってやってみたけど、完成度が高くよい出来だ。」
という感想をいただき、嬉しかったです☆

ゲーム体験後の振り返りでは、
・大統領が協力し合って、共通の地球(環境保全)を創っては。
・「密書カード」を作り、他の大統領と密約を交わすと気分が出ておもしろいのでは。
・「ルールは自由です」と、説明の時に一言添えると、プレイヤーの自主性を引き出せる。
・お金の配分の協議をしても良い。
・国ごとに豊かさを競うのは、「対立」の構図になるのでは。
・「葛藤」を直接体感できるのは良い。
・公共の場に投資、共有の場を作ると良いのでは。
・ゲームを通じて現実の世界を子どもが想像するには、ゲーム自体にリアリティーを見せすぎると想像力発揮の妨げになる。
 ゲームは子どもの想像力を引き出す小道具。
・単純に面白いと思った。
 木のコマを積み木のように遊べるのも楽しみの付加価値がある。

大沼先生も加わって、フリーディスカッションはアカデミックな雰囲気。
有意義でした。

わたしは小学校6年生の時の同級生、京子ちゃん(名古屋大学)と再会!
ガバチョやっててこその再開に、ひまわりの会員、北大大沼先生、ゼミの皆様に感謝ですーー☆

シミュレーション&ゲーミング学会の皆様、お世話になりありがとうございました!!

「ガバチョ!トーナメント in らでぃっしゅぼーや元気市」を開催しました。

10月2日(日)、らでぃっしゅぼーや株式会社北海道センターのご協力のもと、
「ガバチョ!トーナメント in らでぃっしゅぼーや元気市」を開催しました。

場所はサッポロさとらんど。

この日は天候が不安定で気温も低く、お世辞にもいい天気とはいえなかったのですが、
そんな中でも元気市に集まった来場者はなんと約1,600人ほど。
非常ににぎわいのあるイベントになっていました。

そんな盛況なイベントの一角をお借りしての、久しぶりのガバチョ!トーナメント。

 

参加者は14人の大統領!

まずは4テーブルの地球でガバチョ!が展開され、
決勝進出に向けて、地球温暖化を防ぎながら国を豊かさを競い合いました。

10月とは思えない寒さの中、「ガ~バ~チョ!」と “わが国の選択”をする子ども達の声が響く!

1位になると金色の帽子をかぶることができ、子供たちは自慢げな様子・・・
そんなわが子を写真に撮るお父さんやお母さんの姿もチラホラ・・・
心が温まりました(*^^*)

そして、予選で結果が優秀だった4つの国で決勝を実施!

「ぶどう国」、「花国」、「ちから国」、「スイス」の4国が優勝を目指して
地球を舞台に「ガバチョ!」を連呼。

決勝は地球が滅亡することなく、見事に地球温暖化を防ぎながら、
お金、緑をうまく増やしていった「ぶどう国」が優勝を飾りました!!

参加した子供たちのほとんどが『楽しかった。またやりたい!』と言ってくれました。
この体験を、日常の生活に置き換えて考えてほしいな~と思いました。

ご参加いただいたみなさま、そしてイベントを支えてくださった
多くの方々にこの場を借りて感謝いたします!

 

(このイベントは、平成23年度日本郵便カーボンオフセット年賀寄附金の助成を受けて実施しました。)