「円山動物園体験ツアー ZOO~っと仲良し★動物と人間」を開催しました

さっぽろ環境インタープリター2017 プレ講座 「円山動物園体験ツアー ZOO~っと仲良し★動物と人間」 を開催しました。

まず最初は環境について遊びながら学べる、環境教育ゲーム「ガバチョ」を行いました。
(詳しくはこちら https://goo.gl/dPgS5P)

参加者の皆さんも初めは戸惑いながらでしたが、ルールを理解するにつれて熱い戦いが繰り広げられていました。
3つのテーブルに分かれてプレイしたのですが、
鍔迫り合いの末に地球を滅亡させるテーブルもあれば、互いに協調して地球を守るテーブルもあり、
三者三様のプレイスタイルを見せていただけました。
プレイ後の感想では、
・思いがけず夢中になってしまった、楽しかった
・経済発展と温暖化防止をうまく両立させる難しさや重要性をゲームを通じて学べた
などと、大好評をいただきました。

ランチタイムには多くの方がいろいろと差し入れを持ち寄って下さり、参加者皆で美味しく頂きました。

その後、コカ・コーラ北海道ボトリングの方から水資源を守る取り組みについてお話をいただきました。
特に、利き酒ならぬ「利き水」で、硬水と軟水の違いを当てるクイズは面白かったことと思います。

札幌市環境局の方からは、「食品ロス」についてお話をいただきました。
先ほど食べた自分の昼食と関連付けて考えることで、より身近に感じられる話となっていました。

そして最後にお待ちかねの「動物園バックヤードツアー」を実施しました。
動物園のお姉さんにアテンドしていただき、普段は入れない動物園の裏側へ。
動物たちの食べ物を保存している巨大な冷蔵庫の中を見せていただきました。
果物や野菜だけでなく、何と生きたイモムシも保存されていました!
その隣には巨大な冷凍庫があり、お肉や魚がカチンコチンに凍って保存されていました。
動物たちが一日に食べる量を当てるクイズなどもあり、とても楽しく学ばせていただきました。

動物園ではほかにも自然エネルギーの利用を推進していて、太陽を電気や熱として活用しており、
その展示も見学しました。

動物園は、人間も含めた動物たちが暮らすこの地球の環境を守っていくことの大切さを学ぶ、重要な場所だと実感した一日でした。

参加くださった皆様、ありがとうございました。